CoCone

ここらじ 用 STAFF MEMO

ここらじ 企画フォーマット
企画構成パターン その1:はじまりから〜終わりまで1ファイル
その2:前半+後半
その3:前半+紹介ボイスドラマ(音楽)+後半
その4:派生発展形(いろいろできるよね)
その1 <はじまりから〜終わりまで1ファイル>
 ほぼ生放送感のある、通し収録形式。
 フリートークを含めラジオ内各企画をどんどん織り込んで、収録。
 分割収録や、音楽・効果音の挿入、編集による途中カットなどは自由にどうぞ。
 1ファイルで構成されるので、はじまりから、おわりまで一度の再生で聴くことができる。
 (参考:ここらじ#00
その2 <前半+後半>
 前半と後半に分けた構成。
 聴いている(ホームページをみている)人にとっては、再生ボタンが2つ用意される形式。
 2ファイルでの放送。
 前半の終わりの案内と、後半のはじまりの案内が加わる。
 同じメンバーで、進行役を入れ替えて、半分ずつ企画してみる、などの作り手に優しい構成もできるかな?
 この形式に適した企画構成と内容があるかも?
 (参考:未制作)
その3 <前半+紹介ボイスドラマ(音楽)+後半>
 その2とよく似た構成。
 聴いている(ホームページをみている)人にとっては、再生ボタンが3つ用意される形式。
 違うのは、2ファイル目に、すでに完成されている心音のボイスドラマや、音楽などのファイルを別で用意できるところ。
 その話をすでに聞いたことがある人、最近聞いた人にとっては、2ファイル目を飛ばして、前後のラジオ放送を聴けるなど、メリットがある。
 プロのラジオ放送みたいに、曲紹介・ボイスドラマ紹介が、前後の放送ファイルに必要。これやると、なんかラジオっぽい感じがでる。
 作品紹介や、それにまつわる誕生秘話や、裏話で構成したり、公開日と合わせてラジオ放送をホームページにアップすることで、にぎやかになるかも。
 (参考:おだ 文色より ABC-ayairo.net broad casting )

ここらじ 基本構成

ここらじ 基本的な流れ
挨拶 <はじまりのあいさつ>
 「ここね」のらじお、略して、『ここらじ』 を、言葉遊びする。

 (例)「こ」今夜はなんだか蒸し暑い、「こ」んな日は、「寝」る間も惜しんで語り続ける狂った私たちのらじお、略して『ここらじ』スタートです。
 (例)「こ」よいは、俺の「声」に酔ってみない?いいでしょ?ねぇ?って奥様をさそっちゃうかわいいボクたちのらじお、略して、『ここらじ』はじまります!

 通し番号などは放送内には入りませんので、「今回」という言い方などでお茶をにごしてください。
 みんながどんなはじまりを考えてくれるのか、楽しみです。
自己紹介  <出演者・パーソナリティ紹介>
 ○おはようございま〜す……(例の自己紹介)
 ○こんにちは〜……(例の自己紹介)
 ○こんばんは〜……(例の自己紹介)
 ○どうも〜……(例の自己紹介)
 ○さぁ、はじまりました、(例の自己紹介)
 ×おはこんばんちわ ※もうそろそろやめよう
 (例)声の担当をしています、○○です。
 (例)編集担当をしています、○○です。
 (例)脚本担当をしています、○○です。
 (例)音楽担当をしています、○○です。
 (例)心音で唯一爽やかな青年を担当しています、しゅんです。  ※録音している時間帯は特定の時間だと思いますが、聴いている人は、いつ聴くのかわからないので、何をつかってもいいです。
 ※あいさつで、収録時間を明かすことでライブ感をわざと出してもOK!  (例)おはようございます。ただいまの時間、朝の4時20分、21分に、今、なりましたという変な時間に収録しておりますけれども、みなさんいかがお過ごしでしょうか。(例の自己紹介)そして、もうひとり、こんな時間から相手をしてくれる心優しきこの方、(例の自己紹介)……
 ※普遍的な日本語として定着しているあいさつを使うことにしよう。
フリートーク  なに話すか考えてから挑もう(笑)

ラジオ内企画  フリートークをはじめ、各種企画を盛り込みます。
 企画アイデアについては別途記載 ↓
告知 <告知>
 告知する内容がある場合には、近日公開だったり、もうすぐ公開ですね〜という話をする。
 ラジオの公開予定日をしっかりと確認して、うまいことやること!(笑)
お便り <ここねへのお便り〜のコーナー>
心音のラジオ、『ここらじ』では、
心音にいただいた、感想や、応援メッセージ、質問などを
こちらでご紹介させていただきながら、お返事に代えさせていただいております。
それでは、さっそく、ご紹介しましょう、1通目(複数ある場合は)です、
○○さんからいただきました。
匿名希望の方からいただきました。

……とお便り紹介に入っていく。うまいことやること!(笑)
※収録直前におだに確認いれてください。
お便り募集 <お便り募集>
 心音のラジオ、『ここらじ』では、
 心音のメールボックスへいただいた、感想や、応援メッセージ、質問などを
 こちらでご紹介させていただきながら、お返事に代えさせていただいております。
 お便り、お待ちしております〜。
<おわりに>
(例)
 そろそろ終わりの時間になってしまいました、
 心音のラジオ「ここらじ」
 今回のお相手は、
 ○○担当の□□と
 ○○担当の□□と
 ○○担当の□□。以上でお送りしました〜。
 次回もお楽しみに〜。それでは〜。またね〜。

順序や言い方はなんでもOK。
〆の挨拶なので、誰だったのかは必ずいれて、きちんと挨拶のできるオトナになること(笑)

ここらじ ラジオ内企画アイデア

<ここらじ、なにかにチャレンジのコーナー>
声の担当の場合 ・早口言葉
 ⇒放送中にチャレンジする。聞いてる人も自然とチャレンジしてみたくなる感じでぜひ。
・今日の、外郎売り
 ⇒放送時間の長さに合わせて、外郎売りの一部抜粋を実際にやってみる。
 ⇒ポイントとして重要なところを学ぶ感じで行うといいよね。
・読み合わせ
 ⇒スカイプでやっているような感じで、読み合わせライブを行う。
 ⇒事前練習も可能!
 ⇒音楽や、効果音をつけないことで、特別感を出す。
 ⇒ライブ感を出せばいいので、(NGカットの編集などはひっそりと可能・うまくやって)
・朗読(連載も可能)
 ⇒事前準備も可能、聞いてもらう人を意識しておこなう。
 (くれぐれも著作権に注意・青空文庫などの著作権切れを推奨・もしくは、著者の方に利用許諾を得る!心音財務部からは費用は出せないので注意(笑))
脚本担当 ・書いてみよう!
 ⇒テーマ・台詞・場面設定などを決めて書いてみたものを発表する。
音楽担当 ・即興ワンフレーズ
 ⇒なんか生まれそうじゃん?
編集担当 ・今日の小技  ⇒ひとつ、編集のテクニック(よくあるやつでも可能)をどんなものか紹介してみる。
 ラジオ内で加工例を紹介してもいいし、紹介したボイスドラマを『パターンその3』で紹介してもいい。
 ラジオの前の編集担当を目指しているみなさん、ぜひチャレンジしてみてくださいという流れで「なにかにチャレンジ」を投げていい
はじめかた (例)
ハイ、では、次のコーナーいってみましょう。
<ここらじ、なにかにチャレンジのコーナー>です。
このコーナーは、ここらじの中でなにかにチャレンジしてみよう!という企画です。
今日のチャレンジはなんですか?
今日のチャレンジは、私たちが、「声の担当」を主にやっているということで……
今日のチャレンジは、私たちが、「編集担当」を主にやっているということで……
<その他のコーナー>
その他 新しい企画が生まれたら、ここへ書きます

↑ PAGE TOP